私たちの仲間を紹介します

足場屋というと未だに「ガラが悪い」「愛想が悪い」と言った印象を持たれることが少なくありません。しかし服部架設工業は取引させていただくお客様から「今までの足場屋と全然違うね」と言っていただくことが多々あります。 ただ足場を組むだけが私たちの仕事ではなく、お客様のご要望のさらに先を汲み取り、納得されるまで解説・説明を行い、感謝されるほどのクオリティを目指しています。 しかし社員には足場屋として成長するということ以上に人としての成長を期待し、全力でサポートしています。たとえ将来やりたいことが足場屋じゃなくても大歓迎です。お客様に感謝され、仲間に感謝され、人のために頑張れる人が服部架設工業にはたくさんいます。そしてそんな服部架設工業が足場屋という職業を変えたいと常々思っています。

スタッフ同士が信頼し合い、助け合うような企業文化が服部架設工業の大きな強みだと思います。

SHIRAI

職長白井さん

ボトムアップの意思決定で、個々の意見が尊重される職場です

今は子方(自分のサポートをしてくれる子)がいないのですが、様々な現場に出向き、足場を組んでいます。
毎日違う現場なので毎日違う達成感を味わえることがこの仕事大きな魅力だと思います。特に一日中集中して自分が完璧だと思う足場を組めた時には思わず写真を撮るほどの達成感を感じます。スタッフ同士が信頼し合い、助け合うような企業文化が服部架設工業の大きな強みだと思い、特に社長の服部さんには多くのアドバイスをいただきました。以前自分の現場での熱さから小方が辞めてしまったことがあり、服部さんから丁寧にアドバイスをいただき改善点を明確にしていただきました。また会議では職人の意見をきちんと取り入れ、トップダウンではない意思決定がなされます。個々人の意見が尊重される環境が服部架設工業では当たり前なので仕事をしていて気持ちが良いです。

大変なこともありますが、それを上回る居心地の良さがあります

以前勤めていた足場屋の廃業をきっかけに服部架設工業に転職しました。この業界では同業他社からの移籍は少ないことではありませんが、服部架設工業に来ることができて本当に良かったと思っています。朝が早く夜が遅いのはこの仕事では当然の辛さですが、それを上回る居心地の良さが服部架設工業にはあります。

今は子方がいない状況なので子方を増やし会社に 貢献することが今の目標です。

人としての成長も感じられる会社です

他の足場屋にはない接客やサポートが服部架設工業の魅力だと思います。
作業一つ一つが徹底して、周りの連携がしっかり取れているのが服部架設工業の仕事のクオリティを高めています。
仕事内容は覚えやすく、入ったら絶対にプラスになるという確認があります。来るもの拒まずの続けやすい会社です。