私たちの仲間を紹介します

足場屋というと未だに「ガラが悪い」「愛想が悪い」と言った印象を持たれることが少なくありません。しかし服部架設工業は取引させていただくお客様から「今までの足場屋と全然違うね」と言っていただくことが多々あります。 ただ足場を組むだけが私たちの仕事ではなく、お客様のご要望のさらに先を汲み取り、納得されるまで解説・説明を行い、感謝されるほどのクオリティを目指しています。 しかし社員には足場屋として成長するということ以上に人としての成長を期待し、全力でサポートしています。たとえ将来やりたいことが足場屋じゃなくても大歓迎です。お客様に感謝され、仲間に感謝され、人のために頑張れる人が服部架設工業にはたくさんいます。そしてそんな服部架設工業が足場屋という職業を変えたいと常々思っています。

足場屋という職業が天職だなと思っています

YAMANOUCHI

職長山内さん

完璧な足場を組むことを目指しています。

服部架設工業にお世話になると決めてから7年ほどたち、今では職長してチームを率いる立場となりましたが、私は足場屋という職業が天職だなと思うことも多く、今の仕事にやりがいを充分に感じています。
現場ごとにお客様の要望が違う中で足場を組んでいくことに楽しさを感じています。例えば体の大きな人がたくさんいる現場では幅の広い足場を組んだり、背の高い人がかがまくてもいいように高い足場を組んだり、クライアントが気持ちよく作業ができることを意識し、完璧な足場を求めています。
また自分が足場屋として学んだ知識だけではなく、足場屋という職業の楽しさも後輩には伝えていきたいと考えています。

他の足場屋と明らかな違いが服部架設工業にはあります。

前の会社ではスタッフ同士の会話やコミュニケーションは最低限という感じでとても窮屈に感じていました。仕事としての付き合いではなく、互いに高め合っていく仲間がたくさんいる職場を探していていたところ、いとこに紹介され服部架設工業に面接を受けたことが自分の人生の転機となりました。
やはり、スタッフ同士の仲が良く、賑やかで居心地の良さを感じたのが決め手ですね。
しかしただ仲が良いだけではなく、互いに信頼し合い、助け合い、成長を応援し合う仲間だということが服部架設工業に関わる全スタッフに共通する特徴です。

もっともっと足場を学び、完璧を超える完璧まで極めたいと思っています。

服部架設工業の魅力は何と言っても居心地の良さ

以前に働いていた会社とは比べ物にならないくらい居心地がいいです。他のスタッフと話すことも、ましてや仲良くなることも少ない企業が多いかと思いますが、服部架設工業は年齢・職歴関係なく誰とでも話し、すぐにアドバイスをくれる社長にも相談しやすい雰囲気があります。
当初からそのようなウェルカムな雰囲気があったので、安心して仕事を始めることができました。